「数学IA」の傾向

「数学IA」の試験では、60分の試験時間内に配点が20点から30点の問題を4題解かなければならない。どの分野であっても、易しい問題から確実に得点しようとする姿勢が望ましいが、不得意な分野があると効率的に問題を解くのは難しくなる。
不得意分野をなくすためには、各分野における典型問題を繰り返し練習して身につけておこう。
また、1題の分量がそれほど多くないとしても、60分で解答するには、手際のよい計算力と的確な判断力が必要となるのがセンター数学の特徴である。そのためには過去のセンター試験が格好の練習材料となるのである。また、2009年度のマーク模試の問題に再度チャレンジするのもよい。これからの直前期には、実際のセンター試験の問題を60分で解くことを繰り返して、実践的な力をしっかり身につけよう。

広島でブライダルフェアならエルセルモ広島がおすすめ。様々な演出と共に両家親族の心と心をつなぐセレモニーを体験できます。提携宿泊施設が多数ありますので遠方からのゲストも安心です。

対策のポイント

【1】小問集合は手際よく
方程式・不等式、集合・論理は、配点は少ないものの、小問2題の出題になるのでなかなか忙しいくなる。
方程式・不等式では、無理数の計算や整数にも気をつけよう。集合・論理では、命題の真偽や必要条件・十分条件が重要であるのでしっかり理解しておこう。

【2】典型問題の多い2次関数
放物線の頂点と軸、x軸との交点、最大・最小、平行移動などを扱うことが多い傾向にあり、ある程度似た問題になってしまう分野でもある。過去問から傾向を読み解こう。

【3】総合的な図形と計量・平面図形
三角比の問題から始まって、途中から幾何の性質や定理などを扱う融合問題となっている。

【4】数え上げと規則性をつかむことが大切な確率
2009年度の問題では数え上げでほぼ答えられる。他の問題でも初めの方は数え上げで解けることが多く、その中から規則性を見つけると、もっと一般的な場合も解けることになる。また、難しくなってきたら発想を少し変えると案外、解答へのルートが見えてきたりする。

新宿のヒルトンで憧れのホテルウエディングを叶えよう。お料理もオートクチュールなので、おふたりの想いの詰まったウエディングメニューをご提案いたします。